やる気スイッチ入れました。

トビタテ留学JAPAN1期, Canpath, 農業経営及び関連産業研究室, Bordeaux留学, フランス語, プログラミング, デザイン あたりに関して書いてます。

マレーシア市場調査

マレーシアでは、企業向けソフトウェアのは約400億円の市場規模になるそう。

 

・人口は約3,000万人

・国土は約33万㎢(日本の約90%

GDP33兆円(日本の約6%

・主要な産業はゴム加工、石油、天然ガス

・産業別GDP構成比は一次産業(農林水産) 11.2%、二次産業(鉱業、電力を含む) 40.6%、三次産業(通信や金融、小売などサービス関連) 48.1%

・携帯電話普及台数は4,500万台(1人あたり1.5台)

・インターネット普及率は67.5%(日本は82.8%

・人口構成比はきれいな人口ピラミッド(年少人口(014歳) 28.8%、生産年齢人口(1524歳) 16.9%、生産年齢人口(2564歳) 48.8%、高齢者人口(65歳以上) 5.5%

出生率1.96人(毎年低下傾向)

 

結果として、非常に若い上に第三次産業がこれから主要な産業としてシェアを獲得していく模様。

それに伴い、広告産業や金融、通信事業、観光事業も発達していくはずで、マレーシアの国内産業を取りに行くというのは一つの選択肢。シンガポールとも経済的につながりの深い国なのでシンガポールから世界を攻略する足がかりとしてマレーシアを活用するのも手段になるのかも。

広告を非表示にする

LINE summer internship 2016 に参加して得た大きな一つのこと。

ご無沙汰してます。この1週間LINEで5日間のインターンシップをしてきました。

 

今回「企画者」として参加し、LINE bot を使ったサービスを考える上で、メンターや審査員に口すっぱく言われた大事なことを学んだので、ここに備忘録として残しておきます。

 

通常の企画案を提出するフローは「ニーズ」があって「ソリューション」のためのサービスづくりをします。とある理由があって、こういうサービスを作ったら流行るとかみんなに使ってもらえるんだ!と。

 

今回すごく言われたのは「メンタルフロー」と「行動フロー」をしっかり考えた上でサービス設計をするのと、使っていて楽しいと感じたり友達と(体験や感想などを)シェアできる仕組みが大事。あとは実際に使ってみてもらって、使い心地とかを大事にすること。

ということでした。

 

この「メンタルフロー」と「行動フロー」を両方、深く考えることはこれまでしてこなかったのもあり、新しい視点からサービスを考えるきっかけにもなりました。

 

あとは startup weekend でも散々学んだことですが、実際にサービスを触ってもらってその反応を得るのもすごく大事ですね。LINE社内にはそれ専用のスペースがあって、どの目線でスマホのどの部分をタッチしたかまでを記録してサービスの向上につなげるそう。

 

それと最後に

今回作ったのは「匿名チャットができるbot」なのですが、これは技術的な部分よりも企画の深さでサービスが変わるので、企画がとても楽しかったです。

LINE認定サービスにはなりませんでしたが、あと一歩で賞のような特別賞をいただけたので、この経験を次に生かします。

 

真面目なブログ!笑

 

 

広告を非表示にする

本は僕を大人にさせてしまう。

 

今まで活字が読めずに読まなかった本を最近はたくさん読むようになって。

少し頭が大人になったのかなと思う。

 

 最近読んだ本はこの辺りかな。

 

リアルタイム・マーケティング 生き残る企業の即断・即決戦略

リアルタイム・マーケティング 生き残る企業の即断・即決戦略

 

 

次世代ファイナンス クラウドファンディングで世界を変えよう!

次世代ファイナンス クラウドファンディングで世界を変えよう!

 

 

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

最近読んだ

 

 

 

変わり続ける―――人生のリポジショニング戦略

変わり続ける―――人生のリポジショニング戦略

 

 

 

 

 

社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方

社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方

 

 

 

図解 世界の宗教 歴史がおもしろいシリーズ

図解 世界の宗教 歴史がおもしろいシリーズ

 

 

 

 

 

FinTech入門

FinTech入門

 

 

本はその人の知恵とか感性とかを、直接会わなくても触れる機会になると

最近思って読むようにしてる。

その人の書き方だったり、伝え方だったり色んな種類があって

好きなのもあれば嫌いなのもあって

知らない世界を少しだけでも見せてくれる、それが本かなと最近気付いた。

 

でも、頭がいい人が色々教えてくれるもんだから

無知の知のように「自分は全然知らないんだな〜」って思うことも多くて

少し昔の自分より、おとなしくなったというか丸くなったというか。

 

「30歳まではバカやってもいいから」と誰かが教えてくれて

挑戦とか思い切りとか大事なのに、一瞬頭で考えてしまう自分をみて

少し"おとなに"なっちゃったな、と感じた今週。

 

 

 

広告を非表示にする

テレビ局の今後について考える

 

最近の若者のテレビ事情

最近のテレビってどうなのか。面白いのかな。

部屋にテレビを置かなくなったし、僕は Amazon Prime

アメリカドラマとか好きなだけ見てるので、テレビの必要性は

ほとんどないです。

 

一つあったらいいなと思うのはニュースをただ永遠と流して

話題のニュースってなんだろうって思うくらいかな。

要はテレビいらない。

 

www.riskybrand.com

軽く調べてみたらやっぱり、大卒以上と以下ではテレビを見る時間がぜんぜん違う。*1

f:id:takashiba1993:20160626080348p:plain

 

最近読んでる本で「金がないなら頭を使え 頭がないなら手を動かせ」というものがあるんですが、年収が下がると喫煙率が上がるというデータがあるみたいです。

年収と学歴がまた相関関係あるので学歴と喫煙率の関係もあるということですね。

 

話は逸れましたが、NHKの取り立てやさんとよろしくするくらいならテレビ見ないって人も多いわけです。面白くないから。CMも多いし。

 

なぜテレビはダメなのか

www.itmedia.co.jp

 

放送事業は国による免許制がとられてきた。免許による規制と、放送の技術的制約に伴う固定費の高さが、放送事業への参入障壁を作り、放送業界の寡占構造を形成、維持してきた。 

こうなってくると政治と関係が取りやすくなってきて、じゃぶじゃぶしてくるんですね。 じゃぶじゃぶの世界だともう利益のためだけに番組を作ってくる。

 

テレビから、インターネットコンテンツに移行してきて Youtube とか最近だと Abema TV でテレビに変わる動画コンテンツ配信サービスが増えてきたので、どんどんテレビ離れが進むと思います。テレビってテレビ買わなきゃいけないんでスマホ以外のフィジカルデバイスを購入させるハードルが今後どんどん高くなっていくかな。

 

各テレビ局がネット配信も頑張ってきているけれど、既存の動画プラットフォームを使わないとだれも見にこない。動画見たくなったら探すのは Youtube。テレビ局のページで探してみようと思ってないので、動画の配信権利とかがクリアになって Youtube にあげれるようになったらまた変わるかもしれない。

 

Youtube v.s. TV

日本の Youtuber にはまだ多くないけど、フランスではちゃんとコンテンツを作って配信する人たちが出てきていて、かなり有名。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

コメディと Youtube の相性が良くて、面白いものがどんどん拡散されていく。

上の二つは本当に面白くて(くだらなくて)、若者はほとんど知ってます。

しかも内容見るとクオリティー高いし。日本の Youtuber でここまで頑張ってる人いたら教えてください。

 

安易にテレビ業界入る人は今後10年覚悟したほうがいいですよ。

 

広告を非表示にする