やる気スイッチ入れました。

トビタテ留学JAPAN1期, Canpath, 農業経営及び関連産業研究室, Bordeaux留学, フランス語, プログラミング, デザイン あたりに関して書いてます。

武井壮から学ぶ大人の育て方。

 

久しぶりにちゃんと動画見た。

 

スポーツの例えを出しながらわかりやすく社会的価値・経済的価値の話をし、子供にこれらのことを教えるために大人がどう成長していくべきなのかってうまく表現している講義。

 

 

最近、挫折したいなと思ってました。なぜかというと、挫折とか不幸とかある人が何か話す時って、それに共感や同情しやすいしなんとなくだけど近く感じてもらえるんだよなぁと最近思ってました。今でも思ってます。

例えば

「幼少期いじめられてて・・・」

「幼い時に両親が離婚して・・・」

「実は○○という病気があって・・・」

「会社が倒産して借金背負って・・・」

のような、その人の意外なところ。失敗談とか挫折経験のようなもの。”挫折”としておきましょう。この挫折、僕には今の所(記憶に)ないんです。

(嫌な記憶はすぐに消えてしまったり書き換えたりしてるそうですが、、、)

 

それで「あ〜、挫折したい」なんて最近思ってたんです、先ほどの動画を見るまでは。

気づいたのは今あげていた挫折って全部マイナスな出来事ばかり。元々ゼロにいた時にマイナスに行くような感じ。そうではなくて+20から+15くらいに戻ることがあってもこれは挫折なのかなとふわりとしたイメージを持ちました。武井壮なんかは全日本で優勝して見た現実に"挫折"する、といった成長の中で見えた途切れた希望というか現実を知ったショックのようなもの。

 

自分はそこまでチャレンジしたことなかったな、と。

 

というわけで、来年から学生では(多分)なくなるので最高にチャレンジする年にしようと思います!東京とフランスで!また報告します〜!

広告を非表示にする