やる気スイッチ入れました。

トビタテ留学JAPAN1期, Canpath, 農業経営及び関連産業研究室, Bordeaux留学, フランス語, プログラミング, デザイン あたりに関して書いてます。

自己啓発ってたまには必要。

 

卒業式の次の日、知り合いの経営者の公演を聞く機会があったので聞いてみました。

社長が話して、プレゼンター5人がそれぞれなんでそこで働いているのかを軸に過去のエピソードとかを話すといった感じの講演会。

そこで聞いた言葉にふと気付かされたことが4つありました。

1)身近な人を幸せに

自分から考え、家族、友人とか輪を広げるように幸せになればいいかな。自分が幸せじゃないと人のことを幸せにできないし、その次の和がそうでなければそれ以上のことはできないと再認識気付かされたました。

 

2)今やっていることをプロフェッショナルに

講演者の一人が、『挫折してたどり着いた所がパワポを作る職になった人で、最初は嫌々やっていたが日本で一番と言えるほど詳しくなって乗り越えた話』をしていて気づいたのですが、自分の領域や分野で日本で1番と誇れるくらいにはなりたい。

 

3)恩返しより恩送りを

人から受けた恩を、次の3人に恩を送れたら、ただ恩を返すより多くの人が恩恵を受けれる。だから人にいいことをされたら、同じように次の人にいいことをしたいな。

 

4)発信する

すごい忘れていたことの一つがこれ。情報は発信する人のところに集まってくるのを再認識した。今日はやたらとTwitterが更新されていたと思う。このブログも書けるときに書こうと思う。

 

--

社会人になって多くの時間が仕事に関連してくるが、その分いいメリハリがつくはず!

30歳まではバカであるし無知であると思うからその分勢いと努力はしないとね!

 

 

広告を非表示にする