やる気スイッチ入れました。

トビタテ留学JAPAN1期, Canpath, 農業経営及び関連産業研究室, Bordeaux留学, フランス語, プログラミング, デザイン あたりに関して書いてます。

発展途上地域のためのヨーロッパ農業ファンド ”FEADER” ”LEADER” とは何か、何の役に立つのか。

 

ヨーロッパにはいくつかの地域や農業に関するファンド、プロジェクトが存在するその中の FEADER と LEADER に関しての記事をまとめてみたのでいかに参照してみる。

A quoi sert le FEADER ? | Minagri

(FEADERは何の役に立つの?)

 

 

FEADER とは

f:id:takashiba1993:20150803191844j:plain

《以下引用》

 

FEADERとは "Fonds Européen Agricole pour le Développement Rura"の略で"発展途上地域のためのヨーロッパ農業ファンド"のことです。これは発展途上地域のためのヨーロッパの政策です。(農業自治体政策の二つ目の柱といわれています。)

 

経済行動は多様であり、田園地帯の変化を引き起こすこととそれらの発展を手助けすることが目標となっている。活発さと魅力さを残すことを保証するこのキャンペーンは敬意を抱く発展環境経済の一つだ。

 

活動の一例として

  • 新規就農者の若い農業者が就農を助けた。
  • 農業が素晴らしい環境技術を採用することが財政指標によって法的要因を超え奨励された。
  • 林業ファンドの行動によって影響される。2009年のクラウスという大嵐の後、ある森を再建するための計画が立てられた。
  • 田舎での生活の質を改善する非農業経済活動の発展によって行われた。FEADERは小規模企業の生産を手助けすること、または、地元のお店を支えることに使用できる。

 

ヨーロッパの土地の90%が発展途上地域と考えられている。2007年から2013年の間、96兆ユーロを払い、加盟国で分配した。フランスは7.6兆ユーロを手にした。

これらの活動はとりわけFEADERによっておこされたわけではありません。ヨーロッパが支払うすべてのユーロは加盟国、州または地方自治体から支払われなければいけない。
 

≪以上引用≫

(http://agriculture.gouv.fr/quoi-sert-le-feader)

 

 

つまり FEADER はヨーロッパの各国がこの農業政策のためにお金を払い成り立っている。その目的は発展途上地域のヘルプだ。

ヨーロッパの土地の90%がまだ発展途上地域と考えているヨーロッパの政策に一つ強さを感じた。ここで一つ感じたのが、農業としての活動というより資源の再分配に近いのではないだろうか。というのも例えばヨーロッパの各国を日本の県に割り当てたとき日本という国はヨーロッパということになる。そのとき各県がある団体にお金を割り当て、日本の発展途上地域に対して活動を行うものになる。つまり東京と長野とを比べた場合、明らかに地域的な発展具合には差がある。そこの差を埋める・補助するという対策と同じだからだ。

 

FEADERについては追記記事があったのでゆくゆく訳していきたい。

Les mesures agroenvironnementales, guide FEADER | Minagri

 

FEADERのHPはこちら

Europe Martinique

 

 

 

LEADER とは

f:id:takashiba1993:20150803192147p:plain

またEUには LEADER というプログラムが存在し、これもまた

 

LEADERに関して追記情報

《以下引用》


LEADER(Leader とも書かれる)は,EU が実施するプログラムで,フランス語の "Liaison Entre Actions de Développement de l'Écomomie Rurale"(農村地域経済発展 の行動連携)の頭文字を取ったものである。

 

LEADER+(リーダー・プラス)においては,「地域活動グループ(GAL:Groupe d'action locale。英語表記は LAG:Local action group)」を基本に推進されている。
欧州委員会(EC) では,GAL は,地域の公的セクターと民間セクターで構成されなければならないとし, GAL の活動に関して,

  1. 農村地域の生産物とサービスをより競争力のあるものにするため, ノウハウと新しいテクノロジーを使うこと,
  2. 農村地域における生活の質を改善すること,
  3. グループ活動によって小規模な生産の市場アクセスを整え,地域産品に付加価値をつけ ること,
  4. 自然・文化的資源の活用を最大限にすること,

 

の 4 つを優先事項として定めて いる。 

また,LEADER+は,

  1. 農村地域開発に関する実験の優遇と促進,
  2. 農村地域間の協力支援,複数の GAL で財源を共有できること,
  3. 農村地域のネットワーク作り,データバ ンクや印刷物の作成,あらゆる手段での情報交換によって,農村地域開発に関する経験や ノウハウを共有すること,

の3つの達成目標を定めている

 

《以上引用》

 

引用

「フランスにおけるLEADER+の評価と パートナーシップによる推進」 H19 (財)農 林 水 産 奨 励 会 農林水産政策情報センター

http://www.maff.go.jp/primaff/kenkyu/gaiyo/pdf/125.pdf

 

広告を非表示にする