やる気スイッチ入れました。

トビタテ留学JAPAN1期, Canpath, 農業経営及び関連産業研究室, Bordeaux留学, フランス語, プログラミング, デザイン あたりに関して書いてます。

Rails Tutorial をやってみて

Ruby on Rails チュートリアルというのがあって、Rails を使う人は通る道だとも言われていて、かなりいいと評判の教材。

ネットで見る分には無料だし、とても充実してる。

 

1年前、留学し始めた頃にちょっとやってみたけど全然意味わからなくてやめたのを思い出した。これ、初心者向けじゃないんだよね。どういうタイミングがベストかちょっと書いてみようと思う。

 

railstutorial.jp

 

どのタイミングでやるべきか。

やっぱり初心者向けじゃなくて、少しやって理解してからじゃないとよくわからないことが多い。テキストの書き方が特殊だし、理解するのに時間がかかるかもしれないから。3版は前のチュートリアルより易しく書いてあると思う。

オススメは rubyrails を初めて1ヶ月から2ヶ月経った頃。MVCは理解して、scaffold を使わずに本を見ながらでもアプリケーションを一回作ったことがあるときにこのチュートリアルに取り組むとちょうどいい。

 

f:id:takashiba1993:20151011001947p:plain

これを見た時は感動した。

一番最初にherokuへのデプロイの仕方と、git の扱い方を学べる点が全体像をつかむのに適している。本当にいいチュートリアル

 

p.s.

結局この1日だけで5章まで終わってしまった。

広告を非表示にする